ポスポス大谷への出演依頼等はツイッターやfacebookからお願いします。

2011年4月21日木曜日

5月2日(月)八丁堀七針

 八丁堀にあるクールなギャラリー七針です。ちょっとご無沙汰してましたが、今回伊藤嵯輝さんの企画です。共演者に知り合いも多い。アコーディオンの夜という感じでしょうか、でもとっても現代的な音楽の要素強し、という所でしょうか。きっとかっこいいイベントになるでしょう。


企画の伊藤さんのページ
Info

「アコーディオン関係の夜〜アコーディオン縛り〜」
5月2日(月)@八丁堀七針
TEL.03-6806-6773 
Info

出演:伊藤嵯輝×a` qui avec Gabriel /あしりれら/ポスポス大谷/temple book
Open7:00
Start 7:30p.m.
Charge 1500yen
TEL.03-6806-6773

à qui avec Gabriel アキアベックガブリエル
Info
musician<アキ>とaccordion<ガブリエル>によるsolo unit
2001年,ジョンゾーンの レーベルTZADIKより灰野敬二をゲストに迎え、デビューアルバム『UTSUHO』をリリース。2002年からライブ活動を開始。2004年,ロックバ ンドpneuma hectopascalプネウマヘクトパスカルを結成。ソロ活動に加え、2007年頃から様々なミュージシャンやダンサーなどとの即興演奏を開始する。 2008年までに自身の企画"ardath" "Ye Mistikra!"やmidoriyamaとの"blue" "nicotopia"などのライブをスタートさせる。2010年,Sachiko嬢主宰のmusik atlachより2ndアルバム『慈しみの雨のなかで』をリリース。スズキジュンゾ,TOMO,田口史人によるPouring High Waterに参入。

伊藤嵯輝(朗読他)
Info
1983年生まれ。シンガーソング ライター。サックスでの即興演奏やDTMを経て、2009年にスズキミキコ・ナガタケンタロウと共にオルタナサイケバンド:サンサシオンを結成。ギター ボーカルを担当。同時にソロでの弾き語りでも活動。いくつかの即興演奏や身体表現のワ−クショップに参加、ポエトリーリーディングでも活動。ポエトリー リーディングでは中里公太(CDJ)露木達也(ds)狩俣道夫(sax)などと共演。

あしりれら
自称アシッドフォークの奇形
「睡眠搭」インプロ、アバンギャルド(適当)「Casiopia・Soup」のVocalを経てソロではアコーディオンを鳴らしながら内臓から声を出し自分勝手な歌をうたっています。他に、即興セッションなどにもボイスで参加したりしています。お酒と声の人。

ポスポス大谷
Info
1972年10月13日生まれ
もともとスケートボードやっていたのがきっかけで、ハードコアパンクなどにはまった。 90年代の初頭にSan Franciscoに住んだ時代にギターを弾き始める。その後宅録にて日記を書くように曲を作っていた。帰国後アジア(インド、タイ、八重山、北海道)を 放浪する。それがきっかけでアジアやアフリカの音楽に興味が向く。ここ10年ほどシベリアの音楽文化に夢中になる。
4年ほど前から倍音 と日本語の発声に異常にこだわった歌物ソロユニット”ポスポス大谷”を開始。アコーディオンとだみ声での弾き語りを基本とし、宇宙、生と死、過去と未来、 シンクロニシティー、などをテーマにした詩の世界を展開する。倍音唱法から、アヴァンギャルド、エクスペリメンタル、SSWといったジャンルを又にかけた 変わり種として、東京を中心にライブ活動中。また自己出版レーベルScanning Disk/Borokitchenから2枚のCDをリリースしている。Scanning Diskでは、いろいろなゲストを呼んでライブショーケース"窓の領域シリーズ"を企画している。

temple book
myspace
Info
2003年くらい 寺本(a.k.a.Neki!)が音楽つくりはじめる。
〜いろんなバンドとかソロ〜
2009年10月くらい Temple Book結成。
3人の声、おもちゃの小さい楽器たち、カシオトーンやアコーディオン、ギターが楽しく重なります。
生活や季節、風景のうた、繰り返すメロディ、が多いです。
いつも一緒にごはん食べたりテレビみたりしてる、仲の良い子供みたいな3人組。

「彼女たちを東京のペンギンハウスという小さなハコで”発見”したんだけど、
彼女たちの人間としてのセンスに、音楽ってこういうものだよな、と驚愕とともに涙しました。」あだち麗三郎

寺本ねき(vo,g,key)宇井千晶(vo,key,ac)まり犬(per,dr,cho)